読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

殺人病院〜裁判〜医療過誤を暴くまで

違法請求・医療過誤だらけで亡くなった父に捧ぐ

無効なままメロペン大量投与

医療過誤

CVカテ感染からの処置として、メロペンが投与され始めた。

 

ターゲットがわからず使う抗菌剤だが・・・

当時は解らなかったが、かなりの悪評な薬剤だった

http://www.info.pmda.go.jp/rgo/MainServlet?recallno=2-5300

↑回収騒ぎまで起きている。

 

しかも添付書類には

【慎重投与】

1.カルバペネム系、ペニシリン系又はセフェム系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者。
2.本人又は両親、兄弟に気管支喘息、発疹、蕁麻疹等のアレルギー症状を起こしやすい体質を有する患者。
3.高度腎障害のある患者[痙攣、意識障害等の中枢神経症状が起こりやすい]。
4.高度肝障害のある患者[肝障害が悪化する恐れがある]。
5.高齢者。
6.経口摂取の不良な患者又は非経口栄養の患者、全身状態の悪い患者[ビタミンK欠乏症状が現れることがある]。
7.てんかんの既往歴あるいは中枢神経障害を有する患者[痙攣、意識障害等の中枢神経症状が起こりやすい]。

 

父の条件として他の選択肢はなかったのだろうか・・・

慎重投与と明記されているが投与中管理体制は変わらず・・・

 

3日前後で有効性を検証して無効な場合、他の薬剤を検討すること、とも記されていた

 

『結構キツイ薬剤だな・・副作用が出なければいいが・・・』

f:id:code1811:20170203032953g:plain

 

無効とした他科の医師の報告を無視しメロペン14日大量投与!!

メロペン投与後一向に容態は変化せず。

主治医から『敗血症ですね、抗菌剤継続します』

 

ちょ!?これってCVカテで感染起こしてるんじゃ無いか💢

悪びれずしれっと言い放ち医師は立ち去っていった・・・

 

www.skincare-univ.com

 

父のこの年齢ではもう・・・

 

栄養管理もせず・栄養失調になってから・cvカテ処置をし、結果、敗血症・・・

これって立派な医療過誤でしょうが💢

 

この病院に入院して、幾度となく頭に血が上った!

が、父は重篤、人質のままである。

 

もうどうにもなら無いのか・・・いや、抗菌剤を投与している、これて好転すれば・・

 

一週間後、他科の医師からメロペン有効性認められず。との報告、一週間容態が変わらずなら他の抗生剤か?

 

翌日、抗生剤は投与はなかった・・・どうなってるんだ💢

 

1日あけて主治医に問いただす、『メロペンは無効と報告があったようですが?

抗菌剤は投与今されていませんがどうなるんですか?』率直に聞いてみた。

 

医『メロペンはあと一週間続行!』軽くキレた態度で足早に去っていった・・

 

添付書類抜粋

【重要な基本的注意】

1.本剤によるショック、アナフィラキシーの発生を確実に予知できる方法がないので、次の措置をとる。
1)事前に既往歴等について十分な問診を行う(なお、抗生物質等によるアレルギー歴は必ず確認する)。
2)投与に際しては、必ずショック等に対する救急処置のとれる準備をしておく。
3)投与開始から投与終了後まで、患者を安静の状態に保たせ、十分な観察を行い、特に、投与開始直後は注意深く観察する。
2.投与後3~5日目までは発疹等の副作用の発現には特に注意し、症状が発現したときには、他剤に切り替えるなど適切な処置を講じる。なお、継続使用にあたっても、引き続き副作用症状に注意する。
3.本剤投与前に感受性の確認が行えなかった場合、本剤投与開始後3日を目安として本剤に対する感受性を確認し、本剤投与が適正であるか判断する。なお、本剤に感受性が認められない場合、速やかに他の薬剤に変更する。
4.患者の状態から判断して、やむを得ず原因菌不明のまま本剤を使用した場合、数日間以内に改善の徴候が認められないときには、他剤に切り替えるなど適切な処置を講じる。
なお、継続使用にあたっても、引き続き症状の改善等から判断し、漫然と長期の投与を行わない。
5.患者の状態等から判断して、7日以上にわたって本剤を投与する場合には、その理由を常時明確にし、発疹の出現や肝機能異常等の副作用に留意し、漫然とした継続投与は行わない。
6.AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)が現れることがあるので、1週間以上の使用に際しては、必ず肝機能検査を実施する。

 

 

あと一週間って・・完全に使い方間違ってい無いか?1日あけたのは注意項目逃れなのか?無効の判断が出ているのにその理由は?

 

結局最後まで14日間メロペンは無効なまま投与され続けた・・・

 

 

 

 

CVカテーテルの処置後

医療過誤

カテーテルのルートは確保された、明日からようやく高カロリー輸液が投与され、父の栄養状態も改善するだろう・・・(安)

 

が・・その日の深夜突然の高熱を出し始めた父!?

とにかく解熱の処方が出たが・・寛解の兆候は全く現れず・・

 

翌日担当医師が現れ『様子を見ましょう、高カロリー輸液は落ち着いてから』

原因は説明せず立ち去った・・・

 

その後血液検査を行い・・対応は現状維持で二日が過ぎた。

 

生理食塩水と解熱剤を投与のみ・・父は栄養不良と発熱で日増しに悪化の一途。

医師からは様子を見ましょうの一点張り・・・

www.excite.co.jp

 

 

どうなるんだ一体?説明も何も無い!不安と焦燥感がじりじりと足元から頭へと上がっていく感覚・・ある意味絶望へ至る寸前の感覚か・・



f:id:code1811:20170203211709g:plain

 

状況もわからず説明も無いままただ経過観察だけ・・

何もされず、ただ衰弱していくだけの父・・

筆者はゆっくりパニックに陥っていく感覚を覚えた・・

まるで、底なし沼に踏み入ってしまい、少しづつ、少しづつ自分の体が暗い沼の底に沈んでいくように、恐怖と狂気が自分の思考を蝕んでいく・・・

 

その場から逃げ出したかった・・・

気がつくと、頬を大量の涙が静かに静かに伝っていくだけだった・・・

 

もうダメだ、このままでは本当に最悪の結果になってしまう、ただ死にゆく過程の経過観察に立ち会わされているようなものだ。

『翌朝ここを出よう!たとえどんな事になっても』

 

翌朝意を決し、主治医が来たら連れて帰ろう(でも何処へ?)正気ではなかったかもしれ無い。

 

主治医が現れ筆者の言葉を遮るように『感染症を起こしています、抗菌剤で叩きますから安心してください。』

 

今まで方針が決まらなかったのか?

結局カテーテル処置で感染症を起こしたんじゃないか💢

あれだけ抵抗力が弱っていれば今考えれば当然じゃないか💢

 

もうここから父を脱出させてやりたい・・

治療方針が決まったがこのままいるリスク・当てもない転院・衰弱しきった父の事を考えると、とても退院するとは言い出せなかった。

 

 

60日間食事を与えず、生理食塩水投与だけで入院させた

医療の闇

地獄の60日間・・・

 

そう、タイトルどうり父は60日間亡くなるまで食事は一切与えられなかった・・・

 

高カロリー輸液すら・無かった・・・

 

ステント留置を断ったあの日から、理由については説明はされず・・・

 

イレウスは入院後すぐに疑いは晴れている。

カルテを確認したところ入院時、潰瘍性大腸炎感染症の疑いとだけカルテに記入されていた

イレウスは起こっていなかったのである。

f:id:code1811:20170202023722j:plain

では一体何のために絶食を続けたのか?

イレウスの予防ですか?それなら予防のため死を待つしかないのでは?(怒)

 

主治医に問いただしたところ、『経過観察です』の一点張り・・・

新たなカルテや診療計画書には潰瘍性大腸炎とだけ記されていた・・感染症も無かったのである。

 

理由も説明されず、絶食が続きみるみるうちにやせ細っていく父、しかし病院側は生理食塩水のみ与え、他の処置は何もない・・・

 

栄養管理課からは栄養状態が危険水域であるため改善すべきであるとの報告が上がってきても、全く聞く耳も持たず『絶食続行』の一言だけ主治医は言い残した。

 

このままでは殺される!一瞬筆者の脳裏をよぎった・・いやしかし、ここは天下の00病院、いつか処置を施してくれるだろうと自分に言い聞かせていた。

この時、父を無理にでも連れ帰っていれば・・・判断の甘さが今でも悔やまれる。

 

そんなある日・一ヶ月絶食が続いた頃、主治医から『中心静脈カテーテルの処置をいたします』との申し出・・

 

処置の同意を得るための説明は、筆者が立ち会った、『00さんの元気な血管がもうあまりないので、より入りやすい大きなルートを作る必要があります』

 

💢生理食塩水だけの投与でcvカテが必要なのか?💢

💢父の嚥下機能は立派に残存しているだろう?しかもこんなに栄養状態が悪く抵抗力が弱っているのは素人でも見ればわかる、リスクしかないじゃないか💢

 

医・『高カロリー輸液のためのルート確保です』

確かに抹消の血管では高カロリー輸液は詰まりやすいだろう、こうなる前の対策をなぜしなかったのか?怒りに震えながらも少しでも栄養の投与ができればと、同意書にサインした・・

 

cvカテの処置は程なく終わった・・・しかし高カロリー輸液は投与されなかった。

今思い返せば当然の結末だったが・・・これが思わぬ方向へ暗転していくきっかけとなってしまった。

 

中心静脈カテーテルとは

中心静脈カテーテルの目的と挿入部位|見てわかる!看護技術

本当に治療していたのか? 認知症患者に説明同意したとのたまう大病院

医療の闇 差額ベッド代 医療過誤 違法請求

こんなタイトルだと反論が多岐にわたると思われるが・・

 

筆者は医師ではないが・医療介護業界で事業を行っており、多少の知識はあります。

 

さて、父の入院は軽い肺炎とイレウスの疑いでかかりつけ医から00病院に、入院したわけだが・・・

 

高齢で脳梗塞による半身不随・僧帽弁逸脱症・呼吸器喘息・前立腺肥大・失語・イレウス潰瘍性大腸炎copd・胆嚢盲腸全摘・皮膚ガンとまぁありとあらゆる症状のオンパレードである。脳梗塞が発症してから約30年闘病していたことになる。

f:id:code1811:20170201175952j:plainイレウスの疑いで緊急入院し一週間絶食生食投与で経過観察、寛解したのち約一ヶ月呼吸器病棟で念のため入院を続けた・・・

食事も流動食が始まり退院に向け、準備していた矢先。

 

朝一に『00さん、今日から消化器内科に移りますよ〜』と何の予告もなしに看護師長から告げられ別病棟に有無をいわせず移動させられた・・

えっ?退院じゃないの?『先生がこっちで見た方がいいからと言ってましたよ〜』と看護師長から・・

 

だったら事前に説明してよ!との声も届かず、テキパキとベッドごと他の病棟へ・・

とにかく部屋を出され連れていかれ消化器内科病棟へ。

落ち着いたら主治医に訳を聞こうと思い待機するが、一時間待っても部屋に連れて行かず詰所横の廊下にベッドごと放置!

 

緊急ならまだしも、ありえない対応(怒)

 

やっと夕方部屋も落ち着き主治医現る・・『00さん栄養状態が悪いからもう少し様子見てから退院しましょうね〜』

 

はぁ?栄養管理なら家庭でも出来るでしょうに・・・まぁ仕方ないか・・・

 

翌日、担当医師から絶食ですとの告知・・どゆこと?

 

いきなり絶食・生食のみ投与となり三日後主治医から『腸管ステントを入れましょう、またイレウスが起こるから』

 

いや今することじゃないでしょ?手術ありきの絶食だったの?

こんな高齢者に説明せず絶食させ手術準備を水面下で行い、いきなり告知?ありえない・・

『ステント入れないと食事できませんよ〜』『絶食ですよ〜』こんな条件をつきつけられ、そりゃ家族は悩みますよね。早急に代替案を模索し生体吸収性ステントを見つけ主治医に提案『ウチはそのステント扱ってないからねぇ』はぁ?他に代替案やリスク他の可能性等説明するのが医師の説明義務だろうが!ついに筆者がキレた・・

『緊急性はあるのか?』

『ちゃんとリスク・予後・代替案を提示して同意を求めるのが義務でしょう?』

『選択肢も与えず金属ステントありきの説明はおかしい、現物すら提示していない』

医『いや、でも明日予約取ってますよ?』

『誰に確認同意取ったの?』

医『当然、ご本人ですよ、ねぇ00さん明日手術しましょうね!前から言ってましたもんね』

 

もう筆者はぶちギレである!ふざけるな!説明もせず高齢者の父を好き勝手にはさせん、やり方が酷すぎる!

 

何故なら・脳梗塞による失語症・今回の診断で『認知症』とまでカルテに記入している。

判断能力がないと病院が診断し、判断能力がない人間に説明同意を得たとの狂言許すまじ!

筆者が問いただすと医師は退席し『じゃやらなくて良いですよ』とだけ言葉を残し病室を去っていった。家族と会議し今回ステントは行わないと病院に伝えた。

 

それから父が亡くなるまで地獄の60日間が始まった。

 

 

 

 

 

 

 

プロローグ

医療の闇 差額ベッド代 医療過誤 違法請求

四年前になるだろうか・・・

 

身内からの連絡で、父が急死したとの訃報・・

 

えっ?何故? 退院は一週間後と聞いていたのに?

f:id:code1811:20170201152837p:plain

 

父は大阪の大病院に、呼吸器で入院し寛解したため、持病である潰瘍性大腸炎のフォロー的な治療を受け、退院に向けていると身内から連絡があった矢先にである。

 

父の病歴

・80代

脳梗塞

潰瘍性大腸炎

イレウス頻発

copd              が主な病歴及び既往症であった。

 

状況がつかめず、葬儀•法事等を悲しむ間も無くこなしていき、疑問を抱きながらも落ち着きを取り戻した半年後、突然の病院側からの支払い督促状が届いた。

 

ん?バタバタの中で支払い忘れかと思い、請求金額を見たところ・・

65万2315円!!の請求の残債がある!

なんだこれは?保険治療でこんな金額になるのか?

 

内容を見てみると請求の大半は差額ベッド代(特別療養環境室)使用料と判明した。

これは・・・DRから部屋代は払わなくて良いと聞いていたと母の証言もあり、突然死にも不可解な点がいくつもあったのを機序に病院側との説明及び交渉に筆者が関わること担った。

 

裁判の話の前に、父が亡くなった経緯、なぜ争う気になったかの話を述べたい

どうしても許せ無いとんでもない医療の闇がそこにあったのだから・・・